四国で人気のある温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)について、紹介したいと思います。 1.道後温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります) 2.あしずり温泉 3.こんぴら温泉郷 この3つが、四国でも人気のある温泉(日本では、地中から湧き出た温水や鉱水が、25℃以上の温度があるか、特定の成分を規定値以上含んでいることをいいます)になります。 1つめの道後温泉(循環式と掛け流しがありますが、やはり、掛け流しが人気ですね)について。 道後温泉は、愛媛県の松山市に位置する日本三古湯の一つの温泉です。 道後温泉(規定の成分が含まれていなくても、湧き出た時の温度が25℃以上なら温泉法の定義では、温泉となります)は、夏目漱石の「坊ちゃん」にも登場する場所なので、文学好きの方にも人気があります。 温泉と歴史(幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」は京都の人気スポットの一つでしょう)を楽しむことができる魅力的な温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)地となるんです。 2つめのあしずり温泉について。 あしずり温泉は、高知県にあり、四国の最南端にある温泉です。 あしずり温泉も、弘法大師が金剛福寺を建てたという歴史がある場所でしょうね。 あしずり温泉では、太平洋を見渡すことができるので、朝日が昇る瞬間や夕日が沈んでいくのを眺めながら、温泉を堪能する事ができます。 これは絶景なので、あしずり温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)に行かれたら必見です。 3つめのこんぴら温泉について。 こんぴら温泉は、香川県仲多度郡に存在している温泉(循環式と掛け流しがありますが、やはり、掛け流しが人気ですね)です。 金刀比羅宮の門前町に湧く温泉で、大変人気が高いです。 金比羅さんのすごい階段を上り下りして、汗をかいた後、こんぴら温泉で汗と疲れを流す事が出来るでしょう。 金比羅さんにお参りの際は、ぜひこんぴら温泉に立ち寄るといいでしょうー